【辛いことの乗り越え方~先払いに気づき、こころを整える】

2016年7月の思い出は、人生初の肺炎にかかったこと!笑

38.9度の高熱で寝込み、

気管支がひゅーひゅーぜろぜろ。

吐血してるぅ!と思うほど喉が痛くて、

声も全く出ないし、食欲もぜろ。

 

たくさんの予定や約束を変更せざるを得なくなり、

何ヶ月も前から楽しみにしていたワークショップも結局参加できず。

なんでーーーと思う残念な日々。。

 

「人に迷惑かける」

「がっかりさせる」

 

身体がブレーキを踏む時は、仕方がないとわかっていても、

どうすることもできない自分に、

不甲斐なさでいっぱい。

罪悪感でいっぱい。

無力感でいっぱい

 

「そんな病気は死ねばいいのに」

「身体の弱い自分は死ねばいい」

 

あんまり丈夫じゃないわたしは、

身体のおかげでやりたいことができなくなると、

それをなかなか受容できない。

 

この考えが、

わたしの真実でないこともわかっているし、

1ミリも、自分を幸せにしないことも知っている。

 

身体も相当しんどいけど、

この考えのおかげで、

こころの方が、血だらけになる。死にそうになる。

 

ひとりベッドの上で、ゴロゴロゲホゲホしながら、

「神様はいつも意地悪だぁ~」とさんざんヤサぐれた後。

 

「イヤイヤ、待てよ」

 

MIMIYAKO85_sanset20140725_TP_V

生きていれば病気になることもある。

イヤなことや、運が悪い、と思うようなことも、

想像もできないほど辛いことや悲しいことも、山ほど起こる。

 

でも一方で、

いいことも、楽しいことも、素晴らしいことも、

魂ふるえる感動も、たくさん自分のところに降りそそぐ。

 

この世の中、宇宙は二元性でできている。

陰陽、善悪、心と体、長所と短所、

マイナスのエネルギーとプラスのエネルギーがバランスしながら秩序を保つ、

それが宇宙の摂理、法則。

 

わたしたちも、あなたも、わたしも、その宇宙の一部。

だとしたら、自分に起きてくる現象には、いいも悪いもないはず。

ただ淡々と起きているだけ。

 

それについて、

いいとか悪いとか、

好きとか嫌いとか、

気に入るとか気に入らないとか、

イヤなことだと決めつけるのは、

まだまだ未熟なこころなんだなぁ、わたし。

 

宇宙の原理原則に従えば、

この「不運だったわぁ」と思えるできごとと同じくらいの重さをもつ、

想像もできない、とてつもなく素晴らしく、

喜ばしいと思えるできごとが起こるはず。

3ヶ月後か、1年後か、一生のうちに、か!笑

そのための、「代償の先払い」!そうだ、そうだった!!

 

『代償先払い』

 

これは、私を前にむかせる大きな気づき。

 

なにかとても素晴らしいことが起きる、という気持ちでいると、

身体のしんどさは変わらなくても、

ワクワクしてきて、楽しい気持ちで過ごせるようになるからありがたい!

 

そうなると、不運、不幸、と思えるようなことについて、

不平、不満、文句、愚痴の気持ちがなくなり、

それどころか、もっと先に払っておこうかなぁ、なんて気になったりして。笑

 

イヤなことや不運なこと、病気やアクシデントが、逆に喜びになる。

ものの考え方、捉え方で、不幸という概念がまるで違うものに変わっていく。

 

a0960_006809

「病気は死ぬべき」ではない。

「病気は、生きるべきだ」

 

そもそも、人生は理不尽なもの。

自分の思い通りにはいかない。

いいことも悪いこともあるのが自分であり、人間であり、人生だから。

 

そして、そもそも、今の私があるのは病気のおかげだった!

カウンセラー・セラピストとしての私は、

「うつ病」が与えてくれた今世の役割であり、

「苦難の中に、使命あり」をおしえてもらったのだったっけ。

 

私にとって少し大きなできごとだったけど、

イヤなことを口にしないで、

これに見合うだけの、なにか楽しいことが起きるだろうと信じて、

ワクワクしながら過ごしたいと思います。

もっと前にあった‘大変なできごと’もあとからいいことが起こっているし。

「きっといいことあるよ」は本当のこと。

【ブログ・ブランディング塾、修了!~最終回も大きな気づき、ブログの意味と価値~】

今年2016年2月からスタートした、プロブロガー・作家である立花岳志さんのブログ・ブランディング塾、無事に修了しました!

全6回半年のプログラムで、7月21日に最終回を迎え、腑に落ちる大きな気づきがありました。

それは、私にとっての、ブログの意味と価値。

この日を迎える数日前から、あることに気づいてしまって、悶絶するわたし。

「NOと言えない自分」

なんということでしょう~!

NOを言うのって、けっこう難しい。ハードル高い。

「頼まれる」

「求められる」

「期待される」

人に喜んでもらうこと、人の期待に応えること、人に寄り添うことが、私にとってはとても大切なこと。

それが当たり前すぎて、気がつかなかった、「NO」と言えない、言わない自分。

でも、本当は、NOが言えずにモヤモヤしてたのではなく、そうすることで、自分の「YES」を生きないことに、もんもんもんもん、ももももーん、

もだえる自分に気がついた!

これまた、なんということでしょう~!!

「自分が自分の人生の主人公として生きる」

「自分が自分の人生のど真ん中を生きる」

そのためには、

自分のこころや身体の声を聴かなければなりません。

べきねばでなく、本音や欲求を大事にしなくてはなりません。

理性でなく、感性の声に従わなければなりません。

『わたしは、もっと、「YES」を生きよう』

そう思っていたとき。

ブログ講座の最終回を迎え、強く耳に飛び込んできたたけしくんのことば。

ブログ塾たけしくんと

「ブログは、自分の生き方を正しく他人に伝える方法」

ビビッときました!!!

そうだ、そうだ、これだ!

自分の「YES」を生きるための方法、それがブログだった!!!

NOは、ことばで伝えることだけじゃない。

NOと言えないわたし、それならもっとYESを生きればいい。

ブログを書いて、自分のYESを生きることが、実はNOにつながっていく。

そのための方法、ツールがブログだった!

なんのためにブログ書くのか、やっと腑に落ち、最終回にして、スタート地点にたった感じです。笑

ブログ塾修了証

ここだけの話・・・

半年でバリバリ書けてる自分を夢見て、鼻息荒くエントリーしたものの。

いざ受講し始めると全然書けない、書かない、書く気にならない・・・苦笑。

なんでだろー、なんでだろー、とモヤモヤする日々の連続。

でも、その謎もとけて、ブログの意味と価値が大きく腑に落ちました。

書けなくても、毎回毎回あたたかく迎えてくださり、素晴らしい気づきの場を与えてくださり、本当にありがとうございました。

連続講座で、本当によかった!楽しく学べて、ステキな修了証まで!

立花岳志さんと一緒に受講してくださった第一期のみなさまに心から感謝します。

ブログ塾1期生