【個人セッション体験談】    「サイコーにいい時間!目から鱗の気づきに、ありのままの自分で過ごせそう」~30代男性

ご紹介で来られる方の場合、これについて相談したい、というより、よく分からないけど良さそうだからきた、という方も多くいらっしゃいます。
今回ご感想いただいた方もそのような感じでしたし、支持やアドバイスはしません、というとちょっとビックリされていらっしゃいました。笑

真実の答えは必ずご本人の中にあります。
それを一緒にこころの海に潜って、見つけ出すのが、私の仕事であり、クライアントさんがそれを得られたときの喜びは、それこそ私の喜びでもあります。

光と希望にあふれたご感想に感謝しつつ、ご紹介いたします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
30代 男性:営業職

とにかくサイコーにいい時間でした(^^)ありがとうございます!!

「こうなりたい」「こうするべき」「素直になりたい」「謙虚でいたい」と思いながら、なかなか行動に移しきれない状況がここ1〜2年続いていました。
こんな状況ではもちろん仕事も人間関係もうまくいきません。

そんな中、カウンセリングを進めていくと、これらを妨げるメンタルブロック、
「人に嫌われるのを極端に恐れる」
「人からよく見られたい」
自分がいる事に気づかされました。

いま思えば、本当の自分を出さずに人付き合いをして来たのかも知れません。思い当たる節がかなりあります(笑)
そんな私に
「言いたいことを言うと、自分も周りも、自分を好きになる」
という言葉をいただいた時は心がすーっと晴れた気分になりました。

そして、自分の欠点だと思っていたものが、実はこれまでの自分を支えてくれた良きパートナーであったとこと、
そして付き合い方さえうまくやれば更に良きパートナーになることに気づかされた時は正に目に鱗状態でした。

これからは、ありのままの自分で日々を過ごしていけそうです。仕事も人間関係もどう変化していくか今から楽しみで仕方がありません。
とても貴重な時間をありがとうございました(^^)

長浜直子さんは、心の底から出会えて良かったと思える人です。不安や悩みを抱えている人はぜひ一度お会いすることをオススメします。

【アインソフジャーニー】こころもからだも満たされる~ほっと一息&ボリューム満点! 大好きなヴィーガンカフェ@新宿

新宿3丁目にある、大好きなヴィーガンカフェ、アインソフジャーニーへ。
数ヶ月に1回の栄養療法の通院後、必ずここでランチして帰るのがお決まりのパターン。もう何回きてるかなぁ。
フードアレルギーがたくさんある私にとって、オーガニックやヴィーガンのお店は本当にありがたいです。

アインソフ店内

店内もナチュラルホワイト×ウッドで統一されていて、ほっと一息つける、あたたかな雰囲気、そして解放感あふれてます。
激ヤセ39キロ時代は、木の椅子がお尻の骨にあたって痛かったけど、笑、こちらには、クッションもひざ掛けも備え付けられているので、寒い日やスカートの日や、妊婦さんでもくつろげるのでは。

 

ハヤシライス

平日のランチは、
・ベジタブルスープランチ 1,188
・グリーンカレーランチ1,188
・ハヤシライスランチ1,188
・サラダ&デリランチ1,382
それぞれ、コーヒーか紅茶かハーブティー付き

どれも本当においしいのだけど、今日の気分は、ハヤシライス。
ヴィーガン=完全菜食、動物系の材料を使わないってきくと、色味も茶色くて、お腹に足りない、とイメージしがち・・・
だけど、見よ!このボリューム!
大きめカットのきのこがゴロゴロ、そしてもちもち玄米でお腹いっぱい~

 

アップルシナモンパンケーキ

そして、大人気メニュー、天井のヴィーガンパンケーキ。
わたしは小麦N.G.グルテンフリー生活なので、食べたことはないのだけど、友人曰く
「わたしの人生で一番おいしいパンケーキ!」
「卵や牛乳といった動物性の材料を使っていないのにこの美味しさ!」
「見た目や盛りつけも見事!」

こちらは、3月いっぱいの限定パンケーキ!
オーガニックココナッツオイルで有名なブラウンシュガーファーストさんの新商品、アップルソースを使ったコラボパンケーキ。
アップルシナモンパンケーキ、隣の席の方が注文していて、スゴイおいしそうでした!

 

オーガニックコーヒー

最後に、ホットコーヒーをいただきました。
もちろんオーガニック!
こちらのお店は、いただけるお水は全て水素水だそう。もちろんコーヒーもお料理も水素水で作っているんだって。スゴイ!

 

レモンクッキー

ホワイトデー近いし、自分へのおみやげは、レモンとココナッツの米粉クッキー。
いつもの玄米クッキーが売り切れ、他は小麦粉・・・
そんなところに、なんと最後のひとつ!わたしのために残ってたー笑
国産レモンとココナッツオイルを使った、グルテンフリーのクッキーです。

こちらのお店は、お昼にひとりでも予約可能ですよ。
スタンプカードもあるので、会計時に「作ってください」とぜひ言ってみましょう。10個でランチセット1つ無料になりますよー

新宿3丁目駅c5出口すぐ右、
ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。
ヴィーガンていうとなんか敷居高い、特別な感じがあるかもしれないけど、本当に美味しくてステキなお店、おススメです。
わたしも今度はランチやカフェだけでなく、夜も来てみたい!

【Why】なぜ、わたしはブログを書くのか~長浜直子ってどんな人?その①

五反田・大崎のUnleashで心理カウンセラーをしています、長浜直子です。
Unleashとは、「解き放つ」「解放」という意味。
悩みからの解放はもちろんですが、ブレーキとなっている思考や感情を解放する。そして、本来の自分を解き放って一歩先の未来へ進む。
こころ=思考と感情に焦点を合わせ、ときに静かに、ときにダイナミックに、深い気づきと実感のあるセッションを提供しています。

カウンセラー・セラピストとして、個人セッションで相談を聴いたり、企業でコミュニケーション、リーダーシップ、マネジメント等、人間関係の再構築の研修講師、トレーナーとして活動する機会も増えてきました。

身近で大切な人と良好な人間関係を作る関わり。本当に大事です。
「大切な人を大切に」
当たり前のようですが、みなさんは大切な人を大切にできていますか?
両親や奥さん、旦那さまに子供といった家族、他にも上司や同僚、部下、友達、恋人といった周囲の大切な人たち。

そして、ほかの誰よりも大切な存在。
それは「あなた」
そう、一番大切なのは、「自分自身」です。

以前のわたし~before 高飛車なのに自信がない・・・

わたしも、以前はちっとも「大切な人を大切に」できていませんでした。
孤独だったり、自信がなかったり、入院したり、、こころもカラダも本当にボロボロでした。

私は数年前までは会社員でした。13年間勤務して、退社したわけですが、最後の3年間は、休職していました。
家から一歩も出られないパニック障害となり、髪の毛が1週間で全部抜け、うつ病と診断され入院することになってしまったのです。

当時は、実家から1時間半かけて通勤していたのですが、そのときから親子の関係も全くよくありませんでした。
私の実家は病院です。父は医者で、小さい頃から、両親ともにたいへん厳しく育てられました。
食事中はおはしの持ちかたを徹底的にたたきこまれ、テレビはNHK意外みちゃダメ、寝る前には、父の前に正座して九九を言ってから寝る、間違えると茶碗がとんでくる、そんな厳しい両親でした。
大人になってからも、
医者の娘は医者と結婚すべき、という考えのもとに、なんと50人以上の人とお見合いさせられました。
見たいテレビも見られず、寝たいのに眠れず、好きな人ともお付き合いできず、私がしたいことややりたいことはなにひとつできませんでした。
わたしは、親の願望を叶えるために生きていたのです。
「あれしちゃだめ、こうしろああしろ」
そんな自分たちの願望を私に押し付けてくる両親が大嫌いでした。

ですが、当時の私は周りにいる人に対して、親と同じように、自分の思いどおりに動かそうと厳しくあたっていたのです。
会社では、
後輩に質問されれば、
「1回しか言わないけど、メモとらなくて大丈夫?」
仕事の遅い同僚に、
「そんなことも出来ないの?」
上司に仕事を頼まれれば、
「それ、私の仕事じゃないんだけど!」

そんな態度で、もちろん飲み会にも参加せず、さっさと定時に上がって帰っていました。
ですが、同期の中では、一番に社内試験に合格し、昇進・昇格し、先輩よりもはるかにいい、お給料をもらっていました。

この頃の私は、何をしたいのか、どうなりたいか、という未来のことやもちろんミッションなんて考えたこともなく、お金が一番だと思っていました。
そのうえ、自分にも他人にも厳しく、
「仕事するならこうあるべき、こうしなければならない」
という思い込みに縛られていました。

この頃の私は、家族関係も人間関係もうまくいかない…高飛車で、とても孤独で寂しい毎日を過ごしていました。
そして、他人にも厳しく、当然自分にもそれ以上に厳しく、完璧にできない自分をダメな自分と思っていました。

だから余計に、両親によく思われたい、他人に認められたいと、いつも人の顔色を伺って、気に入られようと行動していました。
表面とは違って、内心はまったく自信のない人間だったのです。
そしてとうとう家から一歩もでられないパニック障害になり、1週間で髪の毛が全部抜け、うつ病と診断され、入院することになってしまったのです。

★救世主は心理学と人!それからのわたし~after

けれど、そんな私を救ってくれたのは、カウンセリングであり、心理学でした。そして周囲にいるたくさんの人であり、なにより主人でした。
私が本当に望んでいたこと、こころの底から欲していたことを叶えてくれたのです。
私が望んでいたこと、それは、「大事にしてもらいたい」「認めてもらいたい」「分かってもらいたい」ということでした。
主人は、私の話をだまってうなづきながら聴いてくれました。そして、辛く苦しいわたしの気持ちを受け入れてくれました。
全くダメな人間だった私を、無条件で受け入れ、ありのままの私を認めてくれたのです。

そしてやっと、ビジネスもプライベートも幸せになるには、自分の欲しいモノや手に入れたいものを満たし、人との関係がよくて、褒められ、愛され、こころが豊かでないと幸せになれないんだ!と気づくことができました。

それまで、自分の命の価値が全くわからず、毎日死んでしまいたいと思っていました。入院中は、毎日線路を見下ろす日々を過ごしたこともありましたが、だんだんと充実した日々を過ごせるようになってきました。

大きな気づき~承認の先に解放がある!

ただただありのままの自分を受け容れてもらい、「存在承認されると人は解放されるんだ!」と気づくことができ、ボロボロだったこころも身体も回復していきました。
おかげさまで、親子関係、夫婦関係、そして周囲の人間関係を劇的に変化させ、こころ豊かに過ごすことができています。

わたしのセッション、カウンセリングマインドの根底にあるものは、存在承認、つまり「愛」です。
人にしてもらったこと、そして私が得た経験や知識が、誰かひとりでもお役に立てたらと思います。

そして、セッションや研修だけでなく、このブログで発信することが、
どんなに離れていても、必要な人に必要な情報をお届けできるかもしれない。
地球の裏側のたったひとりの人が求めていることに応えられるかもしれない。
そんな気持ちで、これからも多くの人が、自分の存在を承認し、解放され、こころもカラダも健康に日々を過ごせるよう、精神的健康と身体の豊かさに役立つメッセージをしていこうと思います。