【わたしのからだは信用できない】~価値観の肯定的変化から人生の変容へ

「わたしのからだは信用できない」

ステロイドを数年のあいだ毎日、飲む・打つ・塗るという日々を過ごし、
内臓はボロボロ、からだの中からおかしくなってしまった。
いろんな方法でからだを癒してきたものの、
免疫が下がりきった体力のないからだは、すぐ動けなくなってしまう。

そんなからだが、
なにかやろうとするわたしのスカートの裾を踏む。
人の思いに応えようとするわたしにブレーキをかける。

からだは、わたしではない。

でも、わたしは、
たくさんの人を、いっぱいいっぱい裏切ってきた。
大切な誰かを、たくさんたくさん傷つけてきた。
そして自分を、なんどもなんどもがっかりさせた。

「少し信用してやってもいい」

そう思えたのは、2月の2泊3日の宿泊ワークショップ主催と、次の日の研修講師。
いままでだったら、このスケジュール自体がムリ!苦笑
不安でいっぱいだったけれど、それでもなんとか無事終わらせることができ、
気がついてみれば、いままでのように、終わって寝込むことがない。
これは、わたしにとって、とても大きな変化だった。

そういえば、早起きできるようになってきて。
今年に入って、髪の毛もだいぶ生えてきて。
そうだった。
親やみんなに心配されながら、ウィッグもつけず、人目も気にせず過ごしたのは、
必ずよくなると知っていたからだ。

少し信じてやってもいい。
いや、信じてあげよう。
信じてみよう、このからだを。

そして、自分の価値を受け取ろう。
いままで、
このからだでは自分の期待に応えられない、と信じてきた。
これまで、
このからだだから他人の期待に応えられない、と信じて受け取らなかった。

自分の価値を受け取らないことは、
大切な誰かを傷つけることになる。

わたしは、からだではない。
からだは、魂の神殿。
でも、からだがないと、思いがカタチとなってこの世に実現できない。

だから、自分のからだを信じよう。
いままでは、わたしよりからだが人生の真ん中を歩いてた。
自分なりにがんばってきたけど、もうああいう生き方はできないなぁ。
これからは、わたしが人生のど真ん中を歩くために。

***********************
そう思ったら、4月からジムに行こう!と突然ひらめいた。
今日で3回目!われながらエライ。
ちなみに、パンツは勝志さんのやつ。笑